機能性成分 ファイトケミカル

ファイトケミカルの意味

カロテノイド類の効果


ドリンク01健康に必要な5つの栄養素は、糖質、脂質、たんぱく質、ビタミン、ミネラルです。

 

それに最近ではもう2つ増えて、1つは食物繊維、もう1つはフィトケミカルです。

 

フィトケミカルとは植物に含まれている物質で、香り、色、苦味成分のことです。

 

何故それらが栄養素と呼ばれるようになったかというと、活性酸素から身体を守る抗酸化作用があるからです。

 

老化の原因は活性酸素であるといわれている今、抗酸化作用があるフィトケミカルが注目を浴びています。

 

フィトケミカルにはポリフェノールやイオウ化合物など沢山の種類があり、その中でも代表的なのがカロテノイドです。

 

カロテノイドは色の濃い緑黄色野菜の色素成分で、沢山の種類が存在しています。

 

人参やかぼちゃなどに含まれるベータカロチン、スイカやトマトに含まれるリコピン、みかんに含まれるベータトリピトキサンチンはすべてカロテノイド類です。

 

カロテノイドの一種、ルテインは眼病や眼精疲労に効果があると知られています。

 

眼にはもともとルテインが存在しており、減少することで眼病や眼精疲労を発症します。

 

そのほかに眼の不調は血流が悪いことでも起こりますが、カロテノイドの抗酸化作用によって改善する効果があるのです。


コメントを受け付けておりません。