機能性成分 ファイトケミカル

ファイトケミカルの意味

ポリフェノール類の効果


トマトファイトケミカルを知っているでしょうか?

 

野菜や果物など植物に多く含まれていて、病気予防や老化に効果のある成分。その代表的なものがポリフェノール類です。
一口にポリフェノールと言ってもさまざまな種類があり、緑茶やカカオなどに含まれるカテキン。ブルーベリーやブドウに含まれるアントシアニン。大豆に含まれるイソフラボン。セロリやパセリ、ピーマンに含まれるフラボン。ブロッコリー、たまねぎに含まれるフラボノール。柑橘類の皮に含まれるフラパノンなどなど、その効能も多岐に渡ります。

 

抗菌作用がある緑茶のカテキンは、ご存知の方も多いでしょう。健康に良いと人気の赤ワインもアントシアニンを多く含むことで知られています。大豆のイソフラボンなどは更年期障害の予防に最適ですが、そうと知らず自然と摂取していたのではないでしょうか?

 

これらの成分は抗酸化物質と言われ、健康にいいだけではなく美肌効果もあると考えられています。

 

最近の研究結果で、ガンや認知症、生活習慣病など様々な病気が「活性酸素」によるものとわかってきました。
活性酸素は生き物の身体は酸化にさせ、その機能を低下させるマイナス変化をおこします。具体的には肌荒れ、肌のシミ、肥満、女性ホルモンの低下による更年期障害など、ほとんどの人が「避けては通れない」と思ってる老化現象などをファイトケミカルは抑制する効果があるのです。

 

アンチエンジングという言葉もよく聞くようになってきました。

 

歳を取るのを止めるのは難しいですが、美しく年齢を重ねることは努力次第で誰にでもできる事です。
これらファイトケミカルを意識的に摂取することで、手軽なアンチエンジングを始めて見ませんか?


コメントを受け付けておりません。