機能性成分 ファイトケミカル

ファイトケミカルの意味

ポリフェノール類の種類


キノコポリフェノール類はフラボノイド系と、フェノール酸系にわけられ、
さらにそこから、さまざまな分類に分けられています。

 
中でも、アントシアニンやレスベラトロールの効果が注目されています。

 
アントシアニンはブルーベリーやカシス、赤ワイン、黒大豆などに多く含まれ、
目の網膜保護や、眼精疲労に効果があるとされています。

 
ブルーベリージャムを毎日食べていた英国軍パイロットが、
「夜間飛行の時に建物が良く見える」と報告したことから、
目に良いのでは?と、その研究が始まりました。

 
アントシアニンは抗酸化作用にすぐれ、
目の網膜の中の光の刺激を脳へ伝達するロドプシンの再合成を促進するので、
眼精疲労や視力回復に効果が期待されます。

 
レスペラトロールは主にブドウの皮に含まれています。

 
なので皮ごと使用される赤ワインには、レスベラトロールが豊富に含まれています。

 
抗酸化作用に優れ、毛細血管を活性酸素の害から守り、血行を促進し、
脳卒中や心筋梗塞、静脈瘤予防、高血圧予防などに効果が期待されています。

 
また、DNAの破損を修復してくれるという研究結果も発表され、
震災での放射能漏れ事故で注目を浴びた成分でもあります。

 
フラボノイド系のイソフラボンも、その効果が注目されており、
抗酸化作用と、女性ホルモン様の作用がアンチエイジングに効果的で、
大豆や味噌、醤油、豆腐や納豆などの大豆加工品に多く含まれています。

 

 


コメントを受け付けておりません。